ウェブ制作をして分かった、制作の時にあったほうが良いスキルや知識

タイピング能力は以外に重要なスキル

アフィリエイトをはじめる目的で、私はウェブ制作をしたのですが、そこでわかったことはタイピング速度が意外に重要だということです。特に一般的アンウェブサイトであれば、大半のコンテンツがテキスト情報となります。コンテンツを制作していく時に、スピーディーにそれを作成していけるかばタイピングスピードが重要です。タイピングが早ければサクサクと文章を入力して、大量にコンテンツを作っていけるようになります。とりわけアフィリエイト目的でウェブ制作をする場合にはそのスキルは求められてきます。

多少のプログラミング言語の知識があると役立つ

また、その他にあったほうが良かったと感じた知識としては、多少のプログラミング言語の知識です。最近はウェブ制作を簡単にしてくれるソフトウェアがいくつか登場していますが、より細かいレイアウトの調整だとか、魅力的なサイトを作るためにウェブ制作をする時はそのマークアップ言語を扱うシーンが出てきます。その他にはちょっとした動的なウェブサイトを作りたい時にもその知識は必要になるので、あったほうが良いと感じました。

絵やイラストを描けると強い

その他にあったら良いと感じたのが絵やイラストを描ける技術です。文字だらけのウェブサイトは非常に見た目がもの寂しくなってしまいますが、そこに一つ絵やイラストがあるだけで、文章の理解を手助けしてくれますし見た目も変わってきます。なのでそんな技術があったらもっと良いウェブ制作が出来たと私は感じています。将来的にアフィリエイトをはじめられる方や、ウェブ制作の仕事をされる方は、そんなテクニックを磨くのも良いかも知れませんね。

WEB制作を大きく分けるとデザイナーとコーダーになります。デザインはパッと見て分かるものですが、それを表示するためにはしっかりとしたコーディングが必要になります。閲覧環境に左右されない記述が大切です。