最初は楽しく使っていても後で後悔することも?!ネット上の誹謗中傷対策!

気がついたらネット上に自分の知られたくない情報が!

twitter・facebook等、今では一般的でみんなが使っていますが、気をつけなければそれが原因で仕事を失ったり人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。具体的にどのようなケースがあるでしょうか?例えばコンビニのバイト等をしていてたまたま芸能人が買い物に来た時にその情報をtwitter等で何気なく流したとすると、それはその芸能人の個人情報を保護するという観点から個人情報を漏洩させてことになってしまい、多大な影響を与える危険性があります。自分自身の事を書いても失敗することがあります。どのような危険が潜んでいるのでしょうか?

感情に任せてつぶやいていると後悔する危険性が大!

自分自身のことであればtwitterでつぶやいていても何も問題は無いと感じるかもしれませんが、長い目で見るとそうではありません。例えばあなたが就職や転職をしようとする際に、面接官に何か質問をされることがあるでしょう。もしかすると何か変わった質問をされるかもしれません。質問内容は何でも良いのですが、例えば「あなたは何色が好きですか?」と、ある会社の面接で聞かれたとします。答えは何でも構いませんが、その質問内容をネット上でつぶやいたとします。面接官はあなたがtwitter等でそのことをつぶやいていないかどうかを確認します。もし「○○という会社の面接を受けたけれども、あなたは何色が好きですか?という質問を受けた」というような内容をネット上でつぶやいた場合、面接官がその情報を見つけ出した時、「この者は会社の情報を外部に漏洩させる危険性がある人物だ」と判断されてしまう可能性は大いにあります。何気ない事でも安易に考えずにつぶやくことが失敗に繋がる可能性を秘めているのです。では自分が誹謗中傷をされない為にどのような対策ができますか?

注意しなければあなた自身が誹謗中傷される危険あり!

感情に任せてネット上で書き込みをすると問題が起きやすくなります、何かあると今ではtwitterやfacebook等で容易に特定され、あなた自身が誹謗中傷の対象になってしまう危険性が潜んでいます。火のないところに煙は立たないという言葉があるように、誹謗中傷対策としてはなるべく余計な事をネット上に書き込まない事が大切です。どうしても書かねばならない事があるなら、冷静に判断が出来る頭が冴えている時に行いましょう。とりわけ感情的になっている時やテンションが上がっている時の書き込みには十分注意が必要です。勢いで余計な情報を流してしまい、かなりあとになって後悔するということが十分ありえます。ネット上の誹謗中傷対策として今回おすすめするのは、感情的になっている時やテンションが上がっている時に勢いに任せて書き込まず、どうしても書き込みが必要な時は冷静に物事を考えられる時に書き込むことが身の守りになるという点をあげさせていただきます。ネット上のトラブルは後を断ちません。ネットは便利で楽しいものですが危険性も多く潜んでいるので十分気をつけて安全な使用を心がけましょう。

2ちゃんねる削除をしたい場合には、専門に取り扱う業者などに代行を依頼すると安全に行うことが出来ます。