サーバーって何?レンタルするってどういうこと?

レンタルサーバーって絶対に必要なの?

レンタルサーバーを契約している人は、必ずと言って良いほど何らかのネットビジネスに関わっています。しかし、最初から持つ必要はないでしょう。まずは、無料でホームページスペースを借りて、ブログに記事を書いて反応を感じてからでも遅くはありません。ある程度、読者が増えてきたらレンタルサーバーを契約して、自分のサイトをサーバーに置いて、バックアップを取っておきましょう。何故そんなことをするのかと思うでしょうが、無料ホームページスペースを運営している会社がいつ倒産するか判りません。また、このサービスをいつ打ち切るか判りません。世の中何が起きるか想像できませんからね。ユーザーは無料で使用しているので文句一つ言えません。ですから、時期を見計らって、ブログをいつでもサーバーに移行できるように準備しておく必要があります。

そもそもレンタルサーバーとは何なの?

レンタルサーバー、つまりサーバーを借りるということですが、まず、ブログやサイトを作成しただけではネット上に現われません。パソコンの中だけに存在しているのですね。それをクラウド上にあるサーバーという土地を借り、ドメインという住所を設定して、ブログやサイトを住まわせるのです。その後、FFFTPというクラウド上にある発信基地のようなものに登録して、自分のメールアドレスから契約しているプロバイダーに発信することで、やっと見られるのです。簡単に言うとこんなことなんですが、初心者の方にはまるでチンプンカンプンで理解するのは難しいでしょうね。ドメインを取得してサーバーを借りるのですが、各社により、賃料は様々です。サーバーの容量やスピードも異なりますので、賃料だけでなく、各社の特徴を調べて、自分に合った会社を選びましょう。

レンタルサーバーでどんなネットビジネスができるの?

法人なら自社の宣伝。個人でするなら、副業としてどのくらい稼ぎたいのか?にもよりますし、また、作業量の多さ、難易度も関係してきますので一概には言えませんが、もし、文章を書くのが得意なら、ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトに挑戦してみては如何でしょうか?自分のブログやサイトで商品を紹介して、購入されると報酬が発生されるビジネスです。その中には情報販売販売という、お悩み解消やお金稼ぎ、〇〇の上達法など色々な情報がE-BOOKとして販売されています。その報酬が60%以上が相場なので、数が出ればかなりの報酬が手に入ります。それはチョットと言う方には、仕入れなど最初に資金は掛かりますが、せどりという方法もあります。これは転売と言って商売の基本のような古くからある手法です。要するに、安く仕入れて高く売る。その差額が利益となるのです。これなら文章力はさほど必要としません。ですが、売れる商品の目利きができないと在庫になり、赤字を生むことになります。なので、これだと決めたら迷わず突き進めて行くことで、その道のプロになり大きく稼ぐこともできます。

レンタルサーバーとは、その名の通りレンタルされているサーバーの事です。利用者の意図に合わせ、様々な用途に使える長点があります。