インターネットの顔とも言えるwebサイトを構築する・・・

インターネットの顔となっているweb・・・

インターネット利用の代表的なものとなっているのが、eメールとwebと言っていいでしょう。実はインターネットという全世界的なネットワーク・インフラの上では、様々なサービスが提供されているのですが、圧倒的に多くの人々が利用しているインターネット・サービス機能が、このeメールとwebなのです。中でも、htmlというハイパーリンク言語によって構築されるweb(World Wide Web)は、まさにインターネットの顔とも言える存在となっているのです。

webサイトを構築するweb制作という仕事!

httpというプロトコルで構成されているwebは、webという名の通りに、全世界に「クモの巣」のように網(ネット)を張り巡らせることで、多種多様で膨大な量に昇る情報を発信し続けています。クライアント/サーバー・モデルであるwebは、webサイトと呼ばれている無数のwebサーバーからの情報発信で成り立っているのですが、このwebサーバー上にwebサイトを構築する、という仕事がweb制作というものなのです。

目的に合わせたwebサイトを構築するために

全世界に存在している無数のwebサーバー上には、様々な情報を発信するためのwebサイトが構築されています。このwebサイトの作り方しだいで、その発信情報がホームページとなったり、ブログとなったり、またネットショップとなったりするのです。web制作とは、そのwebサイトをホームページにしたり、ブログにしたり、ネットショップにしたりするための「工事」のことなのです。web制作では、webアプリケーションと呼ばれている開発手法が用いられて、目的に合わせたwebサイトが構築されるのです。

web制作とは、インターネット上で見られるページを作ることです。紙と同じような考え方をするのが一般的で、制作をする人は、webデザイナーと呼ばれます。