ネットでの誹謗中傷私たちが気をつけることとは?

現代社会に溢れているネットでの誹謗中傷

インターネットの普及により、私たちの生活は便利になりました。しかし、逆に生きにくい時代にもなってしまった気がします。その理由は、ネットでの誹謗中傷です。SNSや掲示板では匿名で意見を言うことが出来るので、気が大きくなってつい攻撃的な言葉を浴びせてしまうこともあると思います。相手の顔が見えないのも一因があるでしょう。現実感が良くも悪くも持てないのです。ネットは現実の延長線上にあるということを忘れずになければなりません。

ネット上の誹謗中傷も犯罪です!

インターネットだから大丈夫、ばれないだろうと思っている人は要注意です!例えインターネット上の行為でも誹謗中傷は立派な犯罪です。実際に起訴されたり逮捕される人も出ています。ネットでの誹謗中傷は名誉棄損と侮辱罪にあたります。匿名と言っても警察には直ぐに特定されてしまいますし、絶対に捕まらない、訴えられないという保証はないのです。油断していると思わぬ大惨事をまねいてしまいますので、常に気をつけてネットでの書き込みは行いたいですね。

ネットで誹謗中傷されたら?

もし自分がネットでの誹謗中傷にあったらどうすれば良いのでしょうか?誰でもネットでの誹謗中傷にあう可能性はあります。もしそれが起こってしまった場合は、まず冷静に考えることが大切です。もし掲示板等に自分の誹謗中傷を書かれた場合は、その管理人に削除依頼を出しましょう。また、あまりにも脅迫めいた悪質な書き込みは警察や弁護士に相談しても良いでしょう。こちらは被害者なのですから、根気良く対処していくことが大事なのです。

ネット誹謗中傷は、れっきとした犯罪です。刑事罰の対象となったり、名誉棄損で多額の損害賠償を請求されることがあります。